SCENE

工程間搬送 仕分けシステムとの連携 入荷搬送 EVバッテリー搬送 Power Upカゴ台車 重量物ピッキング オリコンのシームレス搬送
工程間搬送

物流倉庫や製造工場のあらゆる場面において工程間搬送は存在します。前後工程での作業にしわ寄せが発生することなく、かつ搬送作業中の台車連携や障害物回避なども全てロボットが自動で行うことで、ヒトが歩かない現場を実現します。

入荷搬送

多くの倉庫・工場では出荷効率を優先することが多く、入荷の工程は依然として人手で作業する現場が多いのが現状です。コンベアといったシステムではなく、Hybrid-AMRを用いることでよりフレキシブルかつ効率的なオペレーションを実現できます。

大物・重量物ピッキング

従来のピッキングアシストロボットの多くは、家電や原材料といった大物・重量物の搬送作業には対応していません。これらをピッキングする際にHybrid-AMRがアシストすることで、作業員の負担や労働環境の改善に貢献できます。

仕分けシステムとの連携

仕分け作業で用いられるDAS、GAS、SASといったアソートシステムは、仕分け作業を効率化できる一方で、荷物や台車をセットする作業は人手で行っていました。Hybrid-AMRを用いればアソートシステムとの連携により、前後工程までも含めた効率化を実現します。

オリコンのシームレス搬送

Hybrid-AMRを用いることで、ベルトコンベアが届かない場所にもオリコンを自動搬送することができます。また、Luft-Conveyorを用いることで、コンベアとHybrid-AMR間のオリコンの移載作業も自動化できます。

EVバッテリー搬送

軌道走行型のAGVが主力だった従来の自動車工場に比べて、電気自動車(EV)工場のあるべき姿は大きく変わろうとしています。セル生産方式やスマートファクトリーに対応するために、Hybrid-AMRやKonnecttは最適なソリューションとなっています。

回収作業の自動化と隊列駐車

残された空台車や端材台車の回収作業は手間のかかる作業です。Hybrid-AMRは、回収する台車がないか自律的に確認し、あれば自動で回収作業を行ってくれます。
台車を隊列させ駐車することができるので、作業員は負担なく次の作業に移れます。