Warning: Attempt to read property "content" on null in /home/1248778.cloudwaysapps.com/ejspkrmuxr/public_html/wp-includes/blocks/template-part.php on line 69

Warning: Attempt to read property "content" on null in /home/1248778.cloudwaysapps.com/ejspkrmuxr/public_html/wp-includes/blocks/template-part.php on line 69
Uncategorized @jp – Lexxplus
Template part has been deleted or is unavailable: header

Category: Uncategorized @jp

  • LexxPlussがリブランディングと事業拡大を発表

    LexxPlussがリブランディングと事業拡大を発表

    LexxPlussは、米国市場での地位を強化する戦略の一環として、大幅なブランド再構築に取り組んでいる。 この取り組みには、製品ポートフォリオの名称変更とウェブサイトのリニューアルが含まれ、今春以降に公開される予定だ。 インディアナ州フィッシャーズ、2024年4月8日 – 日本のオートメーション・ソリューション企業の主力製品で、従来はHybrid-AMR、Konnectt、Konnectt Hub、WaniGripperとして知られていたものが、国際市場へのコミットメントの一環として正式に改名されます。 これらの製品は、Lexx500、LexxFleet、LexxHub、LexxTugという新しい名称とともに、今年5月にシカゴで開催される2024 Automateショーで米国で発表される。ウェブサイトの全面的なリニューアルも進行中で、今春末に立ち上げる予定だ。 LexxPlussは米国で躍進し、インディアナ州フィッシャーズにあるインディアナIoTラボに、イントラロジスティクス技術を紹介するための新しいデモスペースを設置することを発表した。 同社は自律移動ロボット(AMR)技術を提供するため、米国市場に多額の投資を行っている。 この事業拡大の一環として、LexxPlussは2023年初めに米国子会社を設立し、インディアナ州に新しい米国販売事務所を開設し、積極的にチームを拡大している。 米国デモスペースの開設を発表したLexxPlussの板倉利三COOは 言う、 「米国では、自動化が進む大きな可能性があります。私たちの製品は、自動化を拡大し、既存のシステムに統合するための障壁を取り除きます。お客様は、既存の台車や生産機械を使用して、より高い効率を生み出し、作業環境を改善するために、1台から始めることができます。ご興味のある企業や潜在的なパートナーは、インディアナ州にある当社のデモスペースにお越しいただき、当社のソリューションが持続可能なイントラロジスティクス業務の構築にどのように役立つかを直接ご覧ください。” 同社は、モバイルロボット市場の成長が見込まれる米国市場に大きな可能性を見出している。 ご興味のある方は、インディアナ州にあるLexxPluss社のデモスペースにお越しいただき、同社のソリューションがどのようにイントラロジスティクス業務を最適化できるかを直接ご体験ください。 LexxPlussは、そのAMR技術で安全性と相互運用性を確保することに専念しており、マルチセンサー安全機能を備えたモバイル・コンベヤシング・ロボットを装備している。 同社のオープン・アーキテクチャ・アプローチは、既存システムとのシームレスな統合を可能にし、業務効率を高める。

  • LexxPluss社、製造業および自動車産業向けの新しい自律搬送ロボットの開発を発表

    LexxPluss社、製造業および自動車産業向けの新しい自律搬送ロボットの開発を発表

    日米で高まる自動化需要に対応するため、製品開発を加速。 川崎、日本 – 2023年10月23日 – 次世代オートメーション・ソリューションを開発する日本の新興企業、レクサス株式会社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援プログラムに採択されたことを発表します。 同社は、製造施設や自動車工場向けに特化した新しい自律移動ロボット(AMR)の開発を促進するため、2年間で19億円(約1270万米ドル*)を確保した。 このNEDOの助成金は、LexxPlussの既存の資金源と合わせて総額29億円(約1,940万米ドル*)となり、新興企業はこれらの分野で自動化を強化することができる。 AMRは2024年秋に発売され、2025年には日本と米国で導入される予定だ。 * 為替レート:為替レート:2023年10月24日現在の1米ドル=150円で換算。 LexxPluss社のAMRは、自律走行ナビゲーションとレーザー技術を活用し、従来のAGVとは異なり、搬送経路に磁気テープを設置する必要がありません。製造施設や自動車工場向けに特別に設計された新モデルは、比類のない柔軟性を提供します。ガソリン車と電気自動車(EV)の生産比率の変化にも対応し、部品や工程の変更にも迅速に搬送ルートを変更できる。 麻生雅也CEOは、「私たちの目標は、組立ラインと部品倉庫の間のリンクを自動化することです。 LexxPlussは、特にEV生産ラインにおけるマテリアルハンドリングの自動化に焦点を当て、米国で最初のプロジェクトを開始する。 このイニシアチブは、バッテリー電気自動車(BEV)への世界的なシフトに沿ったもので、自動車メーカーにとって重要な生産ラインの頻繁な変更に対応できる、適応性の高い自動化ソリューションのニーズに応えるものである。 さらに、LexxPlussの取り組みは、NEDOの「ディープテック・スタートアップ支援事業」にも採択され、高く評価されている。 同社は4つの主要技術分野に投資する: LexxPlussについて 川崎に本社を置く株式会社レクサスプラスは、自律的な産業インフラ進化の最前線にいる。 物流・製造業界の課題解決を使命とするレクサス社は、Hybrid-AMRやロボット統合制御システムKonnecttをはじめとするロボット・オートメーション製品の開発・製造・販売を行っている。 会社名:LexxPluss, Inc. 代表者麻生 雅哉 本社210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎ステーションタワーリバーK18F 米国オフィス11ミュニシパル・ドライブ、スイート200、フィッシャーズ、IN 46038 ウェブサイト:www.lexxpluss.com/en/

  • 東洋経済9月13日号「すごいベンチャー100」にLexxPlussが掲載されました。

    東洋経済9月13日号「すごいベンチャー100」にLexxPlussが掲載されました。

    LexxPlussが「週刊東洋経済」第23合併号の「未来のユニコーン」候補に選ばれました。 2023年9月11日、東洋経済が今年の「すごいベンチャー100」を発表した。 このリストには、将来ユニコーンになると予想される日本企業が含まれている。 ユニコーンとは、設立から10年未満で、評価額が10億ドルを超える未上場企業のこと。 東洋経済では、資金調達額や事業・技術の独自性などを基準に、毎年有望なベンチャー企業100社を選定している。 次にアナリストがこれらの企業のビジネスモデルと特徴を評価し、18のカテゴリーに分類する。 LexxPlussは、ロジスティクス・トレード部門でトップクラスの革新的企業としてランクされた。 東洋経済の「スゴイ・ベンチャー100」についての詳細や、注目企業100社の詳細記事は、本誌をお買い求めください。 10年後の日本を占う上で欠かせない、スタートアップ市場の最新トピックスを掲載。

  • 日本のロボット・スタートアップ、LexxPlussが米国に新オフィスを開設し、プレゼンスを拡大

    日本のロボット・スタートアップ、LexxPlussが米国に新オフィスを開設し、プレゼンスを拡大

    アメリカの先進オートメーション・ソリューションへの道を開く。 自律移動ロボット(AMR)に特化した日本の大手ロボットベンチャー企業であるLexxPluss Inc.は、米国インディアナ州に新オフィスを開設したことを発表します。 この戦略的移転は、LexxPluss社にとって重要な節目となる。LexxPluss社は、アメリカ市場における高度なオートメーション・ソリューションの需要拡大に対応するため、事業を拡大している。 新しいLexxPlussオフィスは11 Municipal Drive, Suite #200, Fishers, IN 46038にあります。 インディアナ州フィッシャーズという絶好のロケーションは、主要産業拠点へのアクセスが容易で、LexxPlussは効率的かつ効果的に顧客にサービスを提供できる。 米国オフィスの設立に伴い、LexxPlussは地元のビジネス・コミュニティに参加し、有意義なパートナーシップを築くことに興奮しています。 同社は今後、商工会議所とフィッシャーズの地域コミュニティ委員会に加わり、地域の経済成長と発展に貢献していく。 さらに、LexxPlussは、日米間の協力と文化交流を促進するインディアナ日米協会(JASI)の会員であることを誇りに思います。 「インディアナ日米協会は、LexxPluss社をインディアナ州に進出する最新の日系ハイテク・ベンチャーの1社として、またフィッシャーズという立地により、テクノロジーとロジスティクスの拠点として北東中部を成長させることを歓迎します」と、インディアナ日米協会のテレサ・クルザック専務理事は述べた。 “LexxPlussがJASIとの関わりを通して地域社会と関わっていることに感謝しています。” LexxPlussは、マテリアルハンドリングプロセスに革命をもたらす最先端のHybrid-AMRテクノロジーで知られています。 自律走行制御と誘導ライン制御を組み合わせた独自のハイブリッド制御技術を採用することで、LexxPlussは労働集約的なマテリアルハンドリング作業の自動化を可能にする。 1000ポンドを超える大きな可搬重量で、LexxPluss AMRは比類のない効率性を提供し、さまざまな産業で生産性を最大化します。 Hybrid-AMRの卓越した能力は、安定したペースでの重量物の輸送を可能にし、限られた環境でもシームレスな移動を保証する。 先進の安全センサーを搭載したHybrid-AMRは、ユーザーの保護を最優先し、安全で安心な作業環境を促進します。 LexxPlussは、コラボレーションと知識交換の促進にも力を入れています。 同社のオープン・パートナー・プログラムでは、関心のある産業界のパートナーを招き、今後のイノベーションについて自由に議論し、現場の専門知識を共有することで、市場におけるAMRアプリケーションの急速な拡大を促進している。 すでにプログラムに参加している35社以上の企業の支援を受けて、LexxPlussはAMRの採用を推進し、物流と製造の状況を変革することを目指している。 LexxPlussは米国でのプレゼンスを拡大する一方で、革新的なロボティクス・ソリューションを通じて持続可能な社会を構築することに専心している。 産業用ロボットと自動車分野で数十年の経験を持つ日本の大規模なチームに支えられ、LexxPlussは物流と製造における自動化革命を世界規模で加速する態勢を整えている。 LexxPlussとその高度なオートメーション・ソリューションの詳細については、https://lexxpluss.com/en/。 LinkedInやYouTubeでLexxPlussをフォローして、最新のニュースやイノベーションをご覧ください。 ブラッド・ゴロヴィン株式会社レックスプラス+1 248-277-5058メールでのお問い合わせはこちらソーシャルメディアにアクセスしてください:LinkedInユーチューブ

  • LexxPluss、自動搬送ロボットの技術情報を無償公開するOpen Source Industrial Roboticsプログラムを開始

    LexxPluss、自動搬送ロボットの技術情報を無償公開するOpen Source Industrial Roboticsプログラムを開始

    株式会社LexxPluss(神奈川県川崎市、代表取締役:阿蘓 将也)は、「Open Source Industrial Roboticsプログラム」を開始いたします。自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」をはじめとしたロボティクス・オートメーション製品の技術情報について、法人のパートナー様向けに無償公開いたします。プログラムに登録いただいたパートナー様は、弊社が運営するプログラムサイトにて公開される技術情報をロボット製造や技術開発などあらゆる用途に活用できるようになります。 本プログラムを開始する背景 今までの産業機械製品はハードウェアに付加価値の源泉があり、モノづくり企業の多くはそれを守りながらビジネスを拡大してきました。一方でユーザー側から見ると、製品の導入・運用に際し、情報がブラックボックス化されていることから、非効率なカスタマイズ対応やメンテナンスなどを強いられるケースが後を絶ちませんでした。 IoTや自動運転技術の成熟に伴い、その前提が大きく崩れるとLexxPlussは考えています。ロボティクス・オートメーション製品は、ソフトウェアとハードウェアがいずれも重要なファクターを占めます。LexxPlussのみならず、顧客に一番近いパートナーがサービス提供することで、ロボティクス・オートメーション技術の汎用性、メンテナンス性、信頼性を高め、自動化ソリューションのインフラ化に貢献できると考え、情報公開に踏み切りました。 これにより、各パートナーは独自にロボットを製造・販売したり、既存ソリューションと組み合わせて物流倉庫や工場現場に提供するなど、新しい可能性を開拓できます。LexxPlussはロボット統合制御システム「Konnectt」のサービス提供を担い、パートナー企業の協力のもと、自動搬送ロボットの爆発的な普及を目指します。 本プログラムについて Open Source Industrial Roboticsプログラムは、弊社が開発するロボティクス・オートメーション製品の技術情報を機械メーカーやSIerなどのパートナー企業に無償公開し、自由に活用いただく取り組みです。具体的には、自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」や現在開発中の自動移載システム「Luft-Conveyor」などのメカ設計、エレキ設計、組み込みソフトウェア、API等に関わる技術情報を公開しています。また、製造・品質プロセスについても順次公開を予定しております。 また、これらの情報は全て弊社が運営するプログラムサイトからアクセスすることができます。プログラムに参加いただいたパートナー企業様は、技術情報を自由に閲覧・ダウンロード・改変することが可能です。 活用できる事例 Open Source Industrial Roboticsプログラムにて公開される技術情報は、パートナー企業様によって様々に活用いただくことを想定しています。 想定する事例: プログラムへの参加方法 株式会社LexxPlussについて 株式会社LexxPlussは、「自律的産業インフラへの進化を加速させる」をミッションに、日本のインフラを支える物流業・製造業の課題解決を目指すスタートアップです。現在は自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」やロボット統合制御システム「Konnectt」をはじめ、次世代の産業インフラとなるロボティクス・オートメーション製品を開発・製造・販売しています。 会社名:株式会社LexxPluss 代表:阿蘓 将也  本社所在地:神奈川県川崎市川崎区駅前本町12番1 川崎駅前タワー・リバーク 18階  米国インディアナオフィス:11 Municipal Drive, Suite 200, Fishers, IN 46038  社員数:59名(2024年1月末、派遣・業務委託を含む)  企業サイト:https://lexxpluss.com/jp/

Template part has been deleted or is unavailable: footer